春に映える!美白肌の作り方

肌の潤いを保つために保湿を欠かさない

春になるとピンクなどパステルカラーのメイクをしたくなりますよね。春色のメイクが映えるように美白肌を作りましょう。寒い冬に肌が乾燥して、春先もまだ肌がカサカサという方も多いのではないでしょうか。肌が乾燥していると、透明感が損なわれてしまいます。明るい美白肌になるためには保湿が欠かせません。
片方の手だけに化粧水をつけると、つけていない方の手とはまるで違う透明感のある肌になりますよね。お肌も水分をたっぷり補って潤わせ、乳液や保湿クリームでしっかりと蓋をしましょう。潤った肌は透明感を取り戻して肌色が明るくなります。くすんだ肌より明るい肌の方が、ピンクやイエローなど春を感じさせる色のメイクが似合います。まずは洗顔後の保湿ケアから始めましょう。

自宅でできるエステのようなお手入れ

肌の調子がいまいちの時、エステに行きたいと思いますよね。しかし、時間もお金もかかりますので、そうたびたびは行けないという人も多いでしょう。そのような方は、自宅でエステのようなケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。 エステではスチームを使ったケアも多いです。温かいスチームに当たるのは気持ちがいいですよね。美容家電のスチーマーがあれば、スチームを使ったケアで、毛穴の汚れを浮かせたり、肌のハリやくすみを改善するケアができます。タンクに水を入れてスイッチを入れればスチームが出てきますので、とても手軽に使うことができますよ。 また、大容量のシートマスクを購入すれば、毎日お肌に潤いをとじこめるケアが可能です。大容量タイプは1枚あたりの価格が数十円というものも多いので、気軽に使うことができますよ。 たっぷりと潤った肌に美白美容液でお手入れすれば、肌の透明感アップが期待できます。エステに通うのもいいですが、自宅での日々のお手入れに手を抜かないで、肌の潤いをキープしましょう。