逃がさない!肌の潤いを保つには

化粧水をたっぷりと使おう

肌の潤いが足りない人は、化粧水の使い方にこだわってみましょう。洗顔した後には、化粧水をつけていくことになりますが、化粧水は乾いたお肌に水分を与える重要な役割を持っているのです。普段適当に化粧水をつけている方は、十分な量を使うように心がけてみましょう。
目安として、500円玉程度の化粧水を2度お肌に付けることで、潤い肌を手に入れることができます。
また、美白用の化粧水を使う場合には、保湿成分をたっぷりと含んでいる商品を使うようにしましょう。美白化粧品は、お肌の潤い不足に陥りやすくなるため、より多くの保湿成分を含んでいる商品を選んでいく必要があるのです。
洗顔を行った後には、すぐにたっぷりの化粧水でケアしてみると効果的になります。

クリームで蓋をしよう

化粧水を使った後になにもケアしないと、肌の水分が抜けやすくなります。せっかく化粧水を使ったとしても、クリームで蓋をしないと、肌の奥の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌になってしまうのです。 潤いあるお肌になりたい方は、化粧水後に必ずクリームを使うように気を付けてみましょう。 クリームの中でも、美容成分をたっぷりと含んだものを選べば、余計な美容液を使うことなく十分なを行うことができます。この場合、ケアに時間をかけられない方や、お金を安く済ませたいという方もケアしやすくなってくるのです。 その点で、化粧水を使った後にオールインワンクリームを使ってみると、お肌に対しての確かな効果を感じることができるでしょう。